海南鶏飯専門店『Eim Khao Mun Kai』@Elmhurst

やっと旬友Bヲタグルメ隊長Kちゃんが一時帰国からNYに帰ってきた
本帰国決定からずーっと話せてなかったから
今日のランチは話しっぱなしよ

で、気になってたエルムハーストカオマンガイ屋へ。

Eim Khao Mun Kai

カオマンガイとは茹で鶏とその茹で汁で炊いたご飯のこと。
タイをはじめシンガポールなど東南アジアの定番料理です。

このなんとも魅力的な看板に惹かれたワケ

2人で16ドル(税込み)。

盛況です

奥にはタイ語で書かれた屋台があったりして雰囲気もディープな感じ

お一人様も結構いましたよん。

なんとレバー付き

生姜の乗った鶏飯

にんにく、ハラペーニョ、味噌のタレが用意されているんですが
タレはどれもイマイチだった

多分タイや日本のタレは酢醤油、ごま油、にんにく、ねぎ、ゴマ・・・って感じなんだよね。
お肉とレバー、ご飯、そしてスープも美味しかったので
タレ持参で行くといいかも

お花見2017@Central Park West

久々に歯医者に行って本帰国のこと話したら
スタッフにもビックリされた~
7年通ってたもんね・・・

さて

先週末のお花見
前の週はセントラルパークの東側でしたが今回は西側

おっ

遠くにピンク色が見えてきましたよ~

満開満開

満開過ぎて重そうよ

人も多い。

本当はスタバの期間限定のユニコーンフラペチーノを持って
桜をバッグに写真を撮りたかったのに
スタバで断られた~

この日が最終日だったはずなのに作るスタッフが来てないからとか
煮えきらない曖昧な返事され拒否られた

残念過ぎる

  

仕方ないから持参したドーナツをパクついたわ

癒される~

  

桜のトンネル

今年は満開の桜が見れて良かった
でもこの日はアレルギー反応がバッチリ出ちゃって鼻水でまくりでした・・・
それも今となっちゃーいい想い出か

アーティチョークのピザ『Artichoke Basille’s Pizza』@Greenwich Village

NYに行ったら食べた方がいいもの・・・にリストアップされる常連がピザ
日本とは違ってスライス売りされているし、お手頃価格なので重宝してます。

その中でもまだ食べたことのなかったピザを食べてきました

Artichoke Basille’s Pizza

店名の通り、アーティーチョークのピザで有名なお店

NYには8店舗もあります。

ずっと知っていたけど食べたことはなかったの。

本帰国決まったらやっぱり食べとかないと・・・

種類はいろいろあったけどやっぱりアーティーチョークだよね。

アーティチョークは日本ではあまり馴染みのない西洋野菜。
お店の看板にも描かれてますがお花のような野菜です。
アメリカでは生はもちろん、瓶詰で売ってたりもします。
見た目かたそうですが中心のハートと呼ばれる部分を主に食すようです。

この白いソースの分厚いピザがアーティーチョークピザ

基本、生地が薄いピザが好きだけど・・・今回は分厚いの行っちゃいましょ。

  

蟹のピザにも惹かれる~

蟹のピザの方がちょっと安かった

じゃーーーーーーん

中央にアーティーチョークの姿が確認できます。

このピザ、まさにクリームシチュー
そんな感じのピザです
アーティーチョーク自体はシャキッとした歯ごたえで味はなし。
クリームシチューとパンを一緒に食べてる感じ

これはこれで食べたくなるかも

夫は普通にペパロニ。薄いね。

食べきれなかった私のアーティーチョークピザも嬉しそうにたいらげてました。

「みっちゃん、すごいね。このお店、次々お客が来てピザもどんどん釜から出してるよ。人気だね。」

はいはい
あったりまえっしょ。
美味しくて有名だから来たんざんす。

私があえて選んだお店だっつーことを理解してない夫です

お腹いっぱい。ごちそう様でした

確かのこのピザは帰国後思い出すかもしれないな~

モンブラン対決!『Cannelle Patisserie』@Long Island City

Book offに本を処分しに行きました


写真はほんの1部、旅行関係。ほかにIT関連や文庫本などもた~くさん。
80点出して39㌦。
キャリーバッグのねじがとれるほど重たい思いして運んだのですがこんなもん。
売れないものは処分してもらったのでどれが売れたのかは不明ですが
『闘うプログラマー』『メキシコの夢ホテル』は売れる方の棚に振り分けられてたのが見えた

着々と引越準備してますよー

さて

モンブラン対決

そういえば2年前に一時帰国したときも一日1個
日本でモンブラン食べ比べしたんだった・・・
(そのときの記事はコチラ

ちょっと不便なジャクソンハイツ北部にあるフレンチベーカリー。
LICにも支店ができたということで(だいぶ経つけど)
行ってみました

Cannelle Patisserie

平日昼間だったのですいてました。
高層マンションの谷間にあるベーカリー、店内居心地良かった

    

ケーキのほか甘くないパン系やマカロンなども
さすがに午後になるともうパンは少なかった

迷わずモンブラン

でもイマイチだった
栗の味あまりしないし、中にはベリー系のジャムが入っていて
せっかく栗が細かく入っているのにジャムに消されちゃってる感じ

気を取り直してほかのものにもトライ

  

こっちの方が美味しかったかも
チョコ系洋ナシのタルト

モンブラン自体は前の週に食べたLADY Mに軍配。

ガトーマロンモンブラン

色の濃さからわかるようにモンブランの方がより栗の風味がして濃くて美味しかったです

どんだけモンブラン好きなのぉ~

2017 Spring Spa Week @KUR Skin Lab

今年もこの季節がやって参りました

SPA WEEK

年に2回、春と秋にあるお得なイベント
一律50㌦で参画している高級エステの施術が受けられます。

NYで受けられるのもこれが最後ときばって予約を取りました

今回選んだのは口コミで評価が高かった・・・

KUR Skin Lab

地下鉄の駅(Lex-53rd St)から直結、場所はとっても便利
洗練されたオフィスビルの2階です。

  

地下鉄が止まっちゃって予約時刻よりもちょっと遅れちゃったのですが
全然大丈夫でした

簡単なお肌チェックの問診票を渡され記入します。

待合室からは個室が見えました。

今回のメニューは・・・

Radio Frequency(RF) Skin Tightening 55min

通常75分で195㌦のところを今回は55分で50㌦
お得ですよね

ラジオ波を使ったフェイシャル。
まさにアンチエイジングといった施術
ほうれい線が気になるお年頃のmichelleは迷わずこれにトライ。
Youtubeなどで確認したら痛くないみたいだったので
これに決めました

お友達のMさんは・・・

KUR Customized Facial  55min

こちらは従来のフェイシャル。

担当はマレーシア出身リンさん
Mさんの担当は韓国人だったらしいです。

なぜかアジア人担当でホッとした

キューリ系の香りのリムーバーでお化粧をとってもらい
まずは顔のマッサージ。
気持ちいい
手のひら全部、そして指を使って念入りにほぐしていきます。
クリームをぬぐうタオルも上質で高級感漂います

そして注目のラジオ波フェイシャルに突入~

どこが気になるのか聞かれたので
迷わずほうれい線

ディップのようなクリームを厚塗りしたかと思ったら
その上から丸状の機械でぐるぐる顔中をなぞっていきます。
冷たいような。。。と思うと次の瞬間ほんのり温かい、そんな繰り返しです。
痛みはないですが、絶えず動かしているので
1カ所に留まられるともしかしたら熱いのかもしれません。

とりあえず顔の右半分をずーっとぐるぐるぐるぐる。
しばらくして一度中断して手鏡を渡されると・・・

おぉ~~~~~

確かにほうれい線が薄くなってるかも~~~~~
そして肌がピンとなってるというか、引き締まってる感じ

続いて左半分をぐるぐるぐるぐる。

リンさんがコラーゲンという言葉を連発して効果を力説
ラジオ波はコラーゲン繊維を引き締めて新しいコラーゲンを生成してくれるらしい。
しわやたるみ、そして肌も明るくなるんですって。

1回でも効果は出ますが
やっぱり2,3度続けてやった方がいいとこのあとはずっとセールス。
せっかく気持ち良かったのにちょっと残念

ラジオ波終了後はパックでクールダウン。
その間にデコルテや頭皮、背中を少しマッサージしてくれました。

気持ち良かった~

日本でもこんな企画あるのかな~
本当に良い企画でした。

過去のスパウィークの記事はコチラコチラ